合同会社設立について

資本金1円、代表社員1名でも設立登記が可能です

 

・ すべての社員(会社の出資者)は、出資の限度額で責任を負う有限責任社員です。
有限責任とは出資した範囲内でしか責任を負わないということで、個人事業(無限責任)とは違い、リスクが小さといえます。
又、同じ小規模事業の会社形態として、合名会社・合資会社がありますが、いずれも無限責任を負う社員が必要であり、出資者には大きなリスクがあります。

 

・ 合名会社や合資会社は、社員全員の責任を有限責任とする定款変更後、持分会社の種類変更登記をすることにより合同会社にすることができます。

   

  合同会社設立の料金について詳しくはこちらへ ( 総額で104,942