相続放棄

相続放棄

相続を放棄した場合には、その相続に関して初めから相続人とならなかったものとみなされます(939条)。
相続放棄は相続財産が債務超過である可能性が高い場合や、一部の相続人に相続財産を集中させたい場合などに行われます。


相続を放棄する場合には被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述しなければなりません(940条)。
申立ては,自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内にする必要があります。

 

 

司法書士は不動産登記の専門家です!
相続による土地・建物・マンションの所有権移転登記なら経験豊富な当事務所に是非お任せください 。

 

横浜地方法務局近く(正面玄関前)

今井章義司法書士事務所

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 045-681-4832
TEL : 0120-17-4832

(神奈川・東京 通話料無料)
携帯電話からは 045-681-4832へどうぞ

受付時間 : 9:00〜18:00(土日祝祭日は除く)

お問合せフォームはこちらへ